永代供養合同墓 東光山合同船納骨規定|選ぶ時代の選ばれている寺『永代供養の善勝寺』どなたでも納骨できる、永代供養墓『東光山合同船』

永代供養合同墓 東光山合同船のご案内

永代供養合同墓 東光山合同船 納骨規定

種々の理由により、各家の墓碑を建立し、将来にわたる保持が困難と思われる方は、東光山合同船に納骨する事ができます。
納骨を希望される方は、本規定をお読みの上、お申し込みください。

【規定】

  1. 授戒をし仏弟子となって涅槃に迎えられることを趣旨としますので、戒名を授与されていない方の納骨はできません。
    戒名は善勝寺より授与することを原則としますが、すでに他寺院より戒名が授与されている場合は、その限りではありません。
    但し、戒名授与の経緯によっては一定の布施を納めていただくことや、不適切な戒名は付け直すこともあります。
  2. 納骨の契約は、当寺規定の申込用紙に署名捺印し、別に定める納骨料を添えて申し込み下さい。但し申込者本人が署名する時は捺印を省略できます。
  3. 生前に契約するときは、当寺規定の申込用紙に署名捺印し別に定める授戒布施(戒名料)納骨料とを添えて申し込み下さい。但し申込者本人が署名する時は捺印を省略できます。
  4. 契約を解除された時も、納骨料、授戒料(戒名料)は還付しません。
  5. 当寺は、申し込み者に対し納骨承諾書と領収書を発行し、合同船墓誌に戒名・俗名・没年月日・行年を刻字し、合同船過去帳に記入の上、本堂にお祀りし日々永代に供養します。また、それぞれの祥月命日には、朝課の時、戒名を唱えて回向します。
    彼岸会・施餓鬼会には合同法要を行います。
    生前契約の場合は戒名二字と俗名は朱文字にして刻字します。
    生前契約者他界の後、納骨時に朱文字を消し、没年月日・行年を刻字し、過去帳に記入の上、本堂にお祀りし永代に供養します。
  6. 遺骨は骨壺のまま所定のカロートに納めますが、年数が経過したり、ひび割れがある場合は専用の納骨袋に入れ替え納骨します。
    33年を経過した遺骨は、同カロート内の土中に埋蔵します。
    但し、複数同時申し込みの場合は、最後に納骨された遺骨に合わせて、一緒に埋蔵します。
  7. 33年を経過した遺骨の改葬・分骨には応じられません。
  8. 仏事法要(生前申込みの方の葬儀を含む)は当寺が執行します。
  9. 管理費・寄付などは徴収致しません。(護持会への入会は任意です)
  10. 動物の焼骨などは納骨できません。
  11. 本規定にない事柄は、墓地管理者である当寺住職の判断とします。

定(平成9年現在)

東光山合同船納骨料(永代供養料・墓誌刻字代を含む)一体30万円
夫婦・親子・兄弟など同時申し込みの場合、二体で50万円(以降一体につき20万円)
檀徒が当寺墓地内より改葬する場合、墓誌一行につき15万円(この場合、本堂内個別の祠堂位牌は、そのまま安置し供養します)
戒名授与布施(生前授戒時の布施)信士・信女10万円より(居士大姉・院号など上位戒名希望の方はご相談下さい)

本規定、及び定めの改正は、当寺責任役員会の決議によって行われます。

宗教法人 善勝寺

永代供養合同墓『東光山合同船』の申込はこちらをご覧ください

Copyright © Zensyouji. All Rights Reserved.