善勝寺だより|選ぶ時代の選ばれている寺『永代供養の善勝寺』どなたでも納骨できる、永代供養墓『東光山合同船』

善勝寺だより

善勝寺だより

善勝寺だより 第112号

令和2年9月7日発行
発行責任者 明見弘道
(1ページ)
善勝寺だより第112号

 月は晴天に在り善勝寺だより第112号
    水は瓶(へい)に在り

月は空にあって、水は瓶(びん)にある。という当たりまえの世界、ありのままの自然の姿です。
 ありのままの自然の姿ほど有り難いものはありません。今まで当たり前だと思っていたことが、このコロナ禍で一変してしまいました。
 世界中では、60万人以上の方がこのウイルスに感染して亡くなられ、日本でも1,300名以上の方が亡くなられています。
 そして、多くの方が職を失い生活様式も変更を余儀なくされました。誠にお気の毒なことであります。
 こういう時こそ、お互いに助けあい励まし合うことが何よりも大切です。

6月末、お盆(施餓鬼法要)の案内を郵送致しましたとき、青山俊董老師が書かれた「宇宙船地球号よ安泰なれ」という小冊子を同封致しましたが、お読み頂けましたでしょうか。
 一部、ご紹介します。
善勝寺だより第112号 『新型コロナウイルスという人類共通の敵があらわれた今日、人種や国境を越え、世界が一つになって立ち向かうべきものを、逆に国同士が非難し合ったり、コロナ不安につけ込んでのさまざまな犯罪がおきたり……。
 人間はどこまで悪で、愚かかと思いたくなる。ウイルスに人種差別も国境も性別も年令も貧富もない。つまらない人間の小さな是非のモノサシをかなぐり捨て、全人類が手をとりあい、人類のためばかりではなく、地球上に住むすべてのものの為に、地球環境をどうすべきかを、本気で考えるチャンスではなかろうか。』
 皆様にも是非お考え頂きたく存じます。

さて、もうお彼岸になります。例年通り彼岸法要は行いますが、
マスクの着用のまま本堂にてお参り下さい。また書院での茶礼はありません、各自飲み物をご持参頂きますようお願い致します。


『ご案内』善勝寺だより第112号

秋季彼岸会

下記の如く、彼岸法要を厳修致します。
 檀信徒の皆様におかれましては、多数ご参拝下さいますよう謹んでご案内申し上げます。

ーーー 記 ーーー

9月22日(火曜日) 午後2時より
  彼 岸 法 要

 法要終了後、住職の話

*受付はありません。

 彼岸供養料、塔婆料(一基6,000円供養料含む)は、本堂内前机にお供え下さい。
(生花の販売はありません)
 彼岸の塔婆を建てられる方は、前もって電話やFAXまたはメールでお申し込み下さい。
 なお、そのさい施主名のほか、戒名、お参り予定日もご記入願います。

Copyright © Zensyouji. All Rights Reserved.