善勝寺だより|選ぶ時代の選ばれている寺『永代供養の善勝寺』どなたでも納骨できる、永代供養墓『東光山合同船』

善勝寺だより

善勝寺だより

善勝寺だより 第111号

令和2年6月25日発行
発行責任者 明見弘道
(1ページ)
善勝寺だより第111号

 
image 暑中お見舞い
  申し上げます。


 檀信徒の皆様におかれましては、新型コロナウイルスと言う目に見えない相手との戦いで、心身ともにお疲れのこととお察し申し上げます。
 おかげさまで今のところ、檀信徒の皆様、またご家族の方で感染されたとの情報は伺っておりませんが、今後とも油断せず、感染予防には徹底して頂きますようお願い申し上げます。
 暑い夏がやってきました。コロナ感染予防とともに、水分補給をこまめにするなどして、熱中症対策にもお心がけ下さい。

水は竹辺より流出でて
      冷ややかに
風は花裏より過ぎ来たりて
     香し

少しは、気分的に涼しくなられましたでしょうか?
 私は毎朝六時頃犬を連れて散歩していますが、自然が一番ですね、とても気持ちがいいものです。
 さて、今年のお盆、施餓鬼法要のことですが、「今年のお盆はどうなるのか」と、多くの方からお尋ねがありました。

 感染状況がどうなるのか分からない中、軽々に判断できないと考え、四月下旬を予定していた決算のための役員会を延期し、5月31日に施餓鬼法要のことも併せて審議することとしました。
 毎年、本堂に椅子を50脚並べ、「奥から詰めて4人掛けでお願いします」などとマイクでアナウンスしていました。
 それを四座ですから、本堂だけでなく、観音堂での受付も大変な混雑で、密集・密閉・密接、いわゆる三密状態そのものでした。

 まず役員が受付で塔婆料などのお金を受け取り、名簿にチェックを入れ、供物などを渡す。
 これは根本的に変えないといけないなと思いました。
 次に、本堂内の混雑をいかに解消させるかですが、そこで思いついたのが、特に思い入れの深い新盆をお迎えのご家族だけに入って頂くと言う案でした。

 役員会ではそれらのことを
提案し意見を伺いました。
今回のこの施餓鬼法要のご案内は、役員会での決議を踏まえてのことであります。
 檀信徒の皆様にはご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
 尚、言うまでもないことですが、今年の施餓鬼法要の二座は、新盆となられた方のためだけの
法要ではありません。塔婆の申し込みを頂いた、それぞれの戒名、○○家先祖代々などは、すべて法要と法要の間に読み上げて回向致します。

 施餓鬼法要の趣旨は、檀信徒の皆様が、それぞれのご先祖様に感謝の心から供養し、私が私がという餓鬼の心から、みんなが互いに助け合って生きていこうという菩薩の心に近づくための宗教行事であります。
 皆様におかれましては、本来の趣旨をお考え頂き、お盆並びに施餓鬼行事に臨んで下さいますようお願い申し上げます。

明見弘道合掌

 

Copyright © Zensyouji. All Rights Reserved.